株式会社メタジェン 株式会社メタジェン

Spirit

ブラウンオーシャンの大航海時代が始まる

様々なメディアに取り上げられ、社会から高い関心が寄せられている腸内細菌。「腸内細菌叢を含む腸内環境情報のメッセンジャーである便には、宝石と同じくらい価値がある。だから便は茶色い宝石」と笑顔で語る代表取締役社長CEOの福田真嗣は、腸内環境研究者としてその最先端を牽引するひとりです。新しい研究コンセプト「メタボロゲノミクス ®」を掲げ、メタジェンのコアテクノロジーで病気ゼロ社会の実現を目指します。

腸内に広がる小宇宙が健康とつながる

成人の腸には数百種類以上、およそ100兆個もの腸内細菌が生息していると見積もられています。ヒトの体細胞はおよそ37兆個とされているので、腸内細菌の数は約3倍にのぼります。この膨大な微生物の集団は「腸内細菌叢」と呼ばれていますが、この腸内細菌叢を構成する微生物を一匹一匹分離して解析することは難しく、腸内細菌叢の役割や疾患との関連の詳細は長い間明らかにされてきませんでした。しかし、この10年ほどのうちに起こった技術革新で、遺伝子をはじめ、体内の代謝物質やタンパク質などを網羅的に解析する手法が確立され、腸内細菌叢の全貌が分子レベルで明らかになりはじめています。例えば、腸内細菌叢は消化機能に関与しているのみならず、免疫システムの制御や脳機能の発達にも関与することが示唆されており、逆に糖尿病や動脈硬化、がんやアレルギーなど、様々な疾患にも関与している可能性が示唆されています。しかし、これらのメカニズムの多くはまだ明らかになっておらず、今後の研究成果が待たれています。

きっかけは小さな試験管

腸内細菌研究をはじめた最初のきっかけは、学生時代、講義内容が難しくて教授のラボを何度も質問に訪れていたときに「理解するためにまずは研究をしてみないか」と誘われたことでした。牛などの反芻動物の胃に生息して草を分解する微生物や、プロバイオティクスと呼ばれる健康に寄与する腸内細菌の研究に従事するうちに、腸内細菌と腸管免疫の関係に関心をもち、腸管免疫の研究で著名な理化学研究所の大野博司氏の門を叩きました。ある日、大野氏の共同研究者であり、NMR(核磁気共鳴装置)メタボロミクス研究者だった同研究所の菊地淳氏のラボを訪れ、NMR測定用の小さなサンプル管をみたとき、ある事をひらめいたんです。「サンプル管を培養用の試験管と同じように使ってみてはどうか」。サンプル管に培地を入れて菌を播種し、培養しつつそのままNMR測定してみました。すると、微生物によって産生、消費されている代謝物質情報を連続的にはっきりと観測できたのです。

宿主と腸内細菌叢との密接な関係

腸内細菌叢からは酢酸や酪酸をはじめとした様々な代謝物質が作り出されます。こうした物質が免疫や代謝システムなどの人間の健康にも影響をおよぼすという知見が、近年次々と報告されています。私はこれまで、代謝物質を網羅的に解析するメタボローム解析、遺伝子発現を網羅的に解析するトランスクリプトーム解析などの、網羅的解析を組合せた統合オミクスの手法で腸内細菌叢の機能解析を行ってきました。例えば、メタボローム解析で腸内代謝物質動態を調べ、トランスクリプトーム解析で腸の遺伝子発現を調べることで、どのような代謝物質がどのように腸に作用しているかを知ることができます。この手法を用いることで、腸管出血性大腸菌O157感染症をビフィズス菌が予防するメカニズムをマウス実験で明らかにするなど、腸内で起こる微生物と宿主とのドラマを明らかにしてきました。一方、オミクスアプローチのみでできるのは候補化合物や細菌のスクリーニングまでです。作用メカニズムの解明には、腸内細菌研究者がこれまでに培ってきた微生物の単離培養技術や、無菌マウスの技術が絶対に欠かせません。先人たちが築きあげてきた研究の土台があってこそ、新たなテクノロジーが活きてくるのだと思います。

研究コンセプトを社会に浸透させる

腸内細菌叢の機能はまだまだわからないことが多いのですが、病気の予防や治療に必ずつながると確信しています。この信念のもと、2012年より慶應義塾大学先端生命研究所に舞台を移し、新たなスタートを切ることにしました。それを形にしたのが、株式会社メタジェンです。メタボロミクスとメタゲノミクスを統合した研究アプローチ「メタボロゲノミクス®」による腸内細菌叢の機能理解と、この方法の実践を通して人々の腸内環境をデザインし、病気ゼロ社会を実現するために立ち上げたバイオベンチャーです。メタゲノム解析に精通する山田らとともに設立したばかりの若い研究者チームですが、2015年7月8日には、森下仁丹株式会社のビフィズス菌サプリメント「ビフィーナR」がヒトの腸内環境に与える影響を解明するための共同研究を開始することができ、2016年8月31日にもサントリーグローバルイノベーションセンター株式会社と腸内環境の機能理解を目指した共同研究を開始しました。起業したことで、社会実装のためには異分野の研究やテクノロジーとの連携が欠かせないことを今までよりも強く感じるようになりました。

意識せずに実践できる未病の未来

メタボロゲノミクス®を用いて、意識していなくても腸内環境が自然に整えられ、知らぬ間に病気の予防ができる社会を創っていきたいと考えています。例えば、これまで食品は、"味"で美味しいかどうか、あるいは"栄養素"としてどうか、といった口から小腸までに重きを置いて研究開発されてきました、しかし小腸の先の大腸には無数の腸内細菌が生息しており、私たちが口にしたものがどのように大腸にまで届いて腸内細菌叢に影響を与えるのかも重要であることが分かってきたわけですから、今後は大腸までを考慮した農作物育種や食品開発、創薬など、新規ヘルスケア産業を創出していきたいと考えています。次々とあふれてくるアイデアをどのように社会実装するか、まだ誰も泳いだことのない"ブラウンオーシャン"をどのように航海していくか、これが私のメタジェンとしての挑戦です。

【福田 真嗣 プロフィール】

2006年、明治大学大学院農学研究科博士課程を卒業後、理化学研究所基礎科学特別研究員などを経て、2012年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授。2015年より科学技術振興機構さきがけ研究者、2016年より筑波大学医学医療系客員教授、2017年より神奈川県産業技術総合研究所グループリーダーを兼任。2013年文部科学大臣表彰若手科学者賞受賞。2015年文部科学省科学技術・学術政策研究所「科学技術への顕著な貢献2015」に選定。同年、ビジネスプラン「便から生み出す健康社会」で第1回バイオサイエンスグランプリにて最優秀賞を受賞し、株式会社メタジェンを設立。同年、株式会社メタジェン代表取締役社長CEOに就任。専門は腸内環境制御学、統合オミクス科学。

本社/鶴岡研究所
〒997-0052
山形県鶴岡市覚岸寺字
水上246番地2
東京オフィス
〒162-0822
東京都新宿区下宮比町1番地4
飯田橋御幸ビル3F L-HUB内