ニュース

2019/06/04
共同研究

株式会社メタジェン、株式会社明治フードマテリアと共同研究を開始〜オリゴ糖による腸内環境改善効果をメタボロゲノミクス®により解析〜

 腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指す 株式会社メタジェン(本社:山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO 福田 真嗣)と、糖類・機能性素材のプロフェッショナルとして安心・安全を届ける 株式会社明治フードマテリア(本社:東京都中央区、代表取締役社長 姫野 真司)は、この度、オリゴ糖がもたらす腸内環境改善効果の解明に向けた共同研究を2019年4月より開始いたしました。

 オリゴ糖とは、ブドウ糖(グルコース)、果糖(フルクトース)、ガラクトースなどの単糖が210分子結合した糖類の総称で、野菜や果物に含まれる形で自然界にも存在しています。オリゴ糖の中には、砂糖に近い甘味性を持ちながら糖として吸収されず、血糖値に影響しないものや、特定の腸内細菌の増殖を促す効果(プレバイオティクス効果)が報告されているものがあります。これらオリゴ糖は機能性を有する健康食品として期待されています。

 本共同研究では、メタジェン独自の腸内環境評価手法「​メタボロゲノミクス®​」​を駆使した共同研究開発プラットフォームを活用し、オリゴ糖の摂取が腸内環境へもたらす影響について腸内細菌叢(そう)および代謝物質の統合解析を実施し、腸内環境改善効果の解明や新知見の発見を目指します。

 本共同研究を通し、株式会社メタジェンならびに株式会社明治フードマテリアは、健康社会の実現に向けて、更に邁進してまいります。

リリースPDF版はこちら


【リリースに関するお問合せ先】
株式会社メタジェン
〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上246番地2
担当:長谷川・野間口
E-mail:info@metagen.co.jp
TEL:0235-64-0330