ニュース

2019/10/02
事業

メタジェンのアドバイザリーにiPLAB Startupsが就任いたしました

株式会社メタジェン(本社:山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO 福田真嗣、以下「当社」)は、特許業務法人iPLAB Startups (本社:東京都港区、代表パートナー:中畑稔)が当社のアドバイザリーに就任したことをお知らせいたします。

特許業務法人iPLAB Startupsは、「技術によって市場を創造し、知財によって産業を育成する。」を理念とし、社会課題を解決するために新たな産業を生み出すスタートアップを支援する知財専門組織です。企業の無形資産を経営資源として活かすために、特許やブランドをポートフォリオとして会社に蓄積し、それを推進するCIPOの育成を支援する活動を続けています。現在、200社を超える、創業前から新興市場にIPOしたスタートアップまで、様々なフェーズで知財支援を行っています。

当社では、「便から生み出す健康社会」をミッションに掲げ、ヒトの便から腸内フローラの遺伝子情報と腸内代謝物質情報を抽出し、網羅的に統合解析する独自技術「メタボロゲノミクス®」を用いて、腸内環境に基づいた新たな健康評価方法を開発しています。腸内環境が影響を及ぼすヒトの体質や疾病のメカニズムを解明することで、「病気ゼロ社会」の実現を目指しています。腸内環境に基づく層別化医療・ヘルスケアという、これまでに全くない新しい産業を生み出そうとしている中、多くの支援実績を持つiPLAB Startupsからご支援を受けることは、当社の事業推進を加速させるものと確信しています。

今後も当社は、研究成果を社会実装していくことに真摯に向き合い、人類の健康維持・疾患予防に貢献するべく邁進してまいります。

アドバイザリープランの詳細についてはこちらをご覧ください。

中畑 稔:特許業務法人 iPLAB Startups 代表パートナー
「腸内フローラの分析を通じて人々を健康にしていこうという産業は全く新しく、私たちiPLAB Startupsに何ができるのか、メタジェンの皆さんと話し合いを重ね、アドバイザリーとして就任させて頂くことになりました。これまで多くのスタートアップのCIPOや知財支援を行ってきた経験を、メタジェンの事業推進に役立てて行きたいと思います。技術を通じて世の中を変えていくスタートアップが、世界で活躍できるよう、私たちの力のすべてを注いでいきます。」

【iPLAB Startupsについて】
社名:特許業務法人iPLAB Startups
代表者:代表社員(代表パートナー弁理士) 中畑稔
所在地: 東京都港区六本木7-3-16六本木インターナショナルアネックス3階
事業内容:特許出願等の代理業務、相談業務
ウェブサイト: https://www.iplabstartups.com/

福田真嗣:株式会社メタジェン 代表取締役社長CEO
「腸内デザインに基づく病気ゼロ社会の実現には、われわれの独自技術であるMetabologenomics® や、そこから生み出される様々な知見や技術、成果を適切に活用しなければなりません。特に研究成果の社会実装には知的財産の戦略的な運用が必要不可欠であり、この点を強力に支援いただける専門家として、 iPLAB Startupsにアドバイザリーを依頼し、お引き受けいただきました。日々社内で生まれる斬新で革新的なアイディアから、iPLAB Startupsの支援による戦略的な知的財産に基づくエビデンスベースの事業開発を行うことで、腸内デザインによる病気ゼロ社会の実現を共に推進してまいります。」

<本リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社メタジェン
広報担当 info@metagen.co.jp
特許業務法人 iPLAB Startups
広報担当 info@iplabstartups.com