ニュース

2020/01/17
受賞/研究業績

取締役副社長CTO 山田と顧問医師 谷内田、
代表取締役社長CEO 福田が参加した「胃切除術による腸内環境の変化」
に関する研究成果が、英国学会誌「Gut」に掲載されました

株式会社メタジェン取締役副社長CTO 山田と顧問医師 谷内田、代表取締役社長CEO 福田が参加した研究において、胃切除術後の患者に特徴的な腸内細菌叢やその機能、代謝物質の変化を明らかにし、その研究成果が2020年1月17日(金)、英国学会誌「Gut」に掲載されました。

本研究で行った解析では、胃切除術後の患者は健常者と比較して、腸内細菌の豊富さと種の多様性の高さが確認されました。また、胃切除術を受けた患者は、大腸がんと関連する腸内細菌や代謝物質が増加していることを明らかにしました。

腸内細菌は、病気の発症や進行だけでなく術後の病状にも関与しています。本研究の成果は、便検体を用いた腸内環境評価により胃切除後の病態を理解することで、併発症の予防や治療のための医薬品、栄養状態改善のための健康食品などを生み出す可能性を示すものです。

<当研究に参加した主な研究者>
東京工業大学 生命理工学院 生命理工学系 山田拓司准教授
大阪大学 大学院医学系研究科 谷内田真一教授(ゲノム生物学講座・がんゲノム情報学、前国立がん研究センター研究所・ユニット長)
慶應義塾大学先端生命科学研究所 福田真嗣特任教授
国立がん研究センター・中央病院 内視鏡科 斎藤豊科長

詳しくはこちらをご覧ください。