ニュース

2022/03/18
人事

新取締役就任と役員体制変更のお知らせ

株式会社メタジェン(本社:山形県鶴岡市、代表取締役社長CEO 福田真嗣)は、経営体制およびガバナンス強化を目的として、2022年2月27日開催の株主総会により、下記の通り、新取締役就任および役員体制の変更を決定しましたので、お知らせ致します。

【取締役就任】
村上 慎之介 取締役COO(Chief Operating Officer)・CIPO(Chief Intellectual Property Officer)
旧役職:執行役員COO(Chief Operating Officer)

【取締役退任および顧問就任】
石川 大  顧問(Chief Health Officer)
旧役職:取締役CMO(Chief Medical Officer)

また、腸内デザイン®を基盤とする健康社会の実現に向け、市場開拓をメタジェングループ全体で推進するため「腸内デザイン市場開拓室(GD室)」を新設し、その責任者として代表取締役の福田真嗣がCGDO(Chief Gut Design Officer)に就任します。
さらに、腸内デザイン市場の開拓および腸内環境に基づく層別化ヘルスケア製品・サービスを中心とした事業開発を推進するための知的財産の利活用と知財戦略強化のため、この度新取締役となる村上慎之介がCIPO(Chief Intellectual Property Officer)に就任します。

以上より、2022年4月1日以降の役員体制は以下の通りです。
福田 真嗣  代表取締役社長 CEO・CGDO
山田 拓司  取締役副社長 CTO
水口 佳紀  取締役 CFO
村上 慎之介 取締役 COO・CIPO
山本 喜一  監査役


村上顔写真縦.png


新取締役COO・CIPO 村上 慎之介 
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任助教を兼務。大学時代より現在に至るまで慶應義塾大学先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)にて研究を行い、腸内細菌を含む環境中の微生物や、それらに基づく温泉療法に関する研究を専門とする。2016 年4月、株式会社メタジェン第一号社員として入社し、主任研究員として便の保存技術の開発、日本人腸内環境データベースの構築、腸内環境制御技術の実用化に向けた研究開発等に従事。2018年より株式会社メタジェン執行役員COOを経て、この度取締役COO・CIPOに就任。


新取締役 就任メッセージ
この度、当社の取締役に就任することとなりました。私は2016年に、メタジェンの1人目の社員として入社し、病気のない社会を創りたい、人々が病気にならないための予防医療を発展させたいとの想いを胸に、これまで研究開発や事業推進に取り組んで参りました。当社は設立7周年を迎え、腸内環境に基づく層別化ヘルスケア製品・サービスの市場投入を目指し、腸内デザイン市場の創出をこれまで以上に推進していく新たな局面を迎えております。このような中、メタボロゲノミクス®を駆使した研究開発支援プラットフォームにより、腸内環境研究に関わる企業や研究機関をサポートさせていただく研究開発支援事業をこれまで以上に推進し、企業活動の基盤を強化して参りたいと存じます。引き続き、役員・社員一丸となって病気ゼロ社会の実現に向けて邁進して参りますので、より一層のご支援、ご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。