サービス

MGPack™ ―ヒト臨床試験により、被験品が腸内環境へ与える影響を評価、
オプションで免疫評価も可能にー
MGPack™とは

MGPack™は、ヒト臨床試験により被験品(製品・素材)が腸内環境へ及ぼす影響を評価し、被験品の効果や機能を科学的エビデンスをもって検証するサービスです。 本サービスの主な特徴は以下の3点です。

  • ●腸内環境研究ノウハウに基づく臨床試験計画の立案から運用までのフルサポート
  • ●最先端技術「メタボロゲノミクス® 」による統合的な腸内環境評価
  • ●腸内環境研究の専門家によるデータ解析と結果の考察、その先の事業化に向けたご提案

お客様の課題やご要望に応じて、腸内環境研究の入口から出口までを当社がトータルでサポートいたします。

基本のサービスフロー

▶︎ヒト臨床試験

被験品(製品・素材)に対して、二重盲検クロスオーバー試験(※)を基本とした臨床試験を実施いたします。科学的に質が高いエビデンスを取得できるよう、当社研究者らが長年の経験で蓄積した臨床試験のノウハウを活用しています。基本の測定・解析項目は以下の通りです。

  • ・腸内細菌叢の16Sメタゲノム(遺伝子)解析
  • ・メタボローム(代謝物質)解析
  • ・血液検査、排便回数、食習慣情報などのメタデータ

※二重盲検クロスオーバー試験とは、被験者を2群に分け、どちらが被験品かを知らせずに「被験品」と「プラセボ」を互いに時期をずらして摂取し、それぞれの結果を集計して評価する方法です。

▶︎腸内環境評価

独自技術「メタボロゲノミクス® 」による腸内環境評価を実施します。腸内環境評価において、一般的には細菌叢解析を行いますが、当社では腸内細菌が産生する代謝物質やメタデータも合わせて統合的に解析いたします。それにより、被験品摂取時に腸内細菌がどのように働き、どのように身体に効果を発揮するかというメカニズムの解明に繋がります。

▶︎研究成果

本試験により被験品が腸内環境に与える影響や、期待した効果が現れる人の「腸内環境の特徴」等を踏まえて、結果の考察までをサポートいたします。また、成果に応じて次なる研究開発のステップや事業化に関する議論・ご提案をいたします。

追加オプションサービス

ご要望に応じて、基本サービスに以下のオプションを追加頂けます。

  • 免疫評価オプション NEW

    追加測定項目:便中IgA量測定

    基本サービスに追加で、便検体に含まれるIgA量を測定します。被験品が免疫機能(感染抵抗性)に及ぼす影響をデータとして可視化し、エビデンスベースでの評価をいたします。製品に関して、"免疫"という観点での新たな特性を把握することや、消費者への啓蒙活動(※)のきっかけとしてご利用頂けます。

    腸内細菌によって産生される代謝物質は腸管から吸収され血流にのって全身を巡ります。中でも、短鎖脂肪酸が免疫細胞に作用してIgA抗体の産生を増強することで感染予防に寄与することが明らかとなっています。詳細については以下ページをご覧ください。

    ※試験結果の啓蒙活動への利用について
    結果については消費者への啓蒙にご利用いただくことも可能ですが、法令及び各種広告規制との関係で、用いることのできる文言やIgA量に関する記載の可否については最新のガイドラインに準じてご検討いただく必要がございます。あらかじめご承知おきください。

  • 学会発表・論文投稿オプション

    ご要望に応じて学会発表や論文投稿を当社が共著者となって実施いたします。自社の研究開発力のアピールやエビデンス・ベースド・マーケティングの種として、消費者啓蒙等にお役立ていただけます。

  • その他オプション

    腸内細菌叢追加測定:ご希望の腸内細菌の存在量を定量PCRにて追加で測定いたします。
    腸内代謝物質追加測定:ご希望の代謝物質を追加で測定いたします。

こんな結果が得られます

MGPack™により、被験品の摂取がもたらすヒト腸内環境への影響を評価いたします。得られた解析結果やメカニズムに関する考察を、新知見や新たな商品開発の種としてご活用頂けます。

解析結果の例:

結果の活用例
マーケティング・PRへの活用
研究成果は、自社におけるエビデンス・ベースド・マーケティングをはじめ、広報・広告宣伝活動等へ向けた参考情報としてご活用いただけます。セミナーの開催やメディアへの発信等を通じた啓蒙活動についても、ご相談により当社が共同で実施いたします。
※各種製品への表記方法や啓蒙活動の際の表示に関しては、景品表示法や健康増進法等、及びそれらに関連するガイドラインの最新内容に準じてご検討頂く必要がございます。
自社素材の効果に応じた新たなソリューション提案
MGPack™の実施により、被験品摂取により期待する効果が現れる人の「腸内環境の特徴」が科学的根拠をもって明らかになるため、自社素材の可能性を拡げるための新たなアプローチを考えるきっかけになります。自社素材の効果が現れやすい腸内環境タイプの消費者に対してはより積極的なプロモーションの契機となり、効果が現れにくい腸内環境タイプの消費者に対しては、効果を向上させるためのシンバイオティクス等の新たな商品開発を推進する際に、本試験で得られたエビデンスをご活用いただけます。
研究開発支援について

MGPack™は研究開発支援契約で実施します。研究開発支援契約とは、貴社の研究開発促進のために当社のノウハウ・テクノロジーを活用するものです。本サービスで得られたデータは両社間で共有し、お互いの研究開発に利用することができます。その後の学会発表・論文化を希望される場合は、当社が共著者として引き続き支援することも可能です。

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りやサービスに関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

  • MGNavi®

    ユーザーに向けて腸内環境検査を活用してみたい!

  • MGMouse™

    ヒト試験に向けたプレ試験としてマウスを
    用いて実験したい!

  • MGScreening™

    複数の被験品から有用な被験品を
    スクリーニングしたい!

  • MGAnalysis™

    今ある手持ちのデータから新たな知見を
    見出したい!

  • 腸内環境研究
    スタートサービス

    臨床試験計画立案のサポートがほしい!
    本格的な臨床試験前に予備データを取得したい!