サービス

MGScreening™ in vitro試験により被験品が腸内環境へおよぼす影響を評価する―
MGScreening™とは

MGScreening™は、複数の被験品(製品・素材)の中から有用な被験品をスクリーニングすることを目的とした研究開発支援事業です。
当社の腸内細菌培養技術と評価技術を活用したin vitro評価で、被験品の「ヒト腸内環境」に及ぼす影響を網羅的に評価します。主な特徴は以下の3点です。

  1. (1)当社独自の培養システム
  2. (2)メタボロゲノミクス®による評価
  3. (3)長年にわたる腸内環境研究のノウハウに基づく素材評価のコンサルティング
こんな課題を解決します
ヒト腸内環境に影響しそうな複数の製品・素材を持っているが、それら全てについて臨床試験を実施するのは費用や時間の面で難しく、踏み切ることができない
MGScreening™を臨床試験の事前評価としてお役立ていただけます。腸内環境における被験品の効果を事前に確認することにより、臨床試験の対象となる製品・素材選択の判断材料とすることで、試験コスト削減や時間短縮など効率的な研究開発をサポート致します。
腸内環境改善を目的とした新製品開発を検討しているが、商品に用いる製品・素材を絞り込むことができない
MGScreening™を製品・素材の絞り込みにお役立ていただけます。被験品のうち、有力な製品・素材に絞って研究・開発資源を集中することで、商品開発の期間短縮等の効果が期待されます。
こんな結果が得られます

様々な食品・化合物・薬剤(以下、被験品)が腸内環境に与える影響について、腸内細菌叢および代謝物質の解析を通して評価いたします。タイプの異なるヒト腸内細菌叢を用いて試験を実施するため、被験品がどのようなタイプのヒト腸内細菌叢に影響し得るのかが分かります。本サービスをご活用いただくことで、新商品の開発や既存商品の改良といった、次の商品開発につながる情報をご提供いたします。

本サービスの結果をもとにMGPack™️にてヒト臨床試験を実施することで、被験品がヒト腸内環境に与える影響について評価することが可能です。MGPack™️では、商品摂取により期待した結果が得られる人(レスポンダー)の腸内環境の特徴を明らかにすることができます。また、MGMouse™️では、被験品が腸内環境に与える影響について、動物試験でそのメカニズムの推定や関連因子の探索を実施することが可能です。

※上記は結果のイメージです。実際の結果は異なる表現がなされる場合もございます。
研究開発支援について

MGScreening™は研究開発支援契約で実施します。研究開発支援契約とは、貴社の研究開発促進のために当社のノウハウ・テクノロジーを活用するものです。本サービスで得られたデータは両社間で共有し、お互いの研究開発に利用することができます。その後の学会発表・論文化を希望される場合は、当社が共著者として引き続き支援することも可能です。

見積、詳細説明、各種ご相談

お見積りやサービスに関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。
【 お問い合わせはこちらから 】

  • MGNavi®

    ユーザーに向けて腸内環境検査を活用してみたい!

  • MGPack™

    被験品が腸内環境へ与える影響を
    ヒト臨床試験で評価したい!

  • MGMouse™

    ヒト試験に向けたプレ試験としてマウスを
    用いて実験したい!

  • MGAnalysis™

    今ある手持ちのデータから新たな知見を
    見出したい!

  • 腸内環境研究
    スタートサービス

    臨床試験計画立案のサポートがほしい!
    本格的な臨床試験前に予備データを取得したい!